10BETのサッカーの賭け方を徹底解説!ベット種類や統計データの見方も

10BET

10BETはサッカーや野球、バドミントンやバスケなど、合計29種類のスポーツにベットできるブックメーカーです。

その中でもサッカーの試合は豊富で、

  • イングランド
  • スペイン
  • イタリア
  • ドイツ

などの海外サッカーや、

  • J1
  • J2
  • J3

などの日本のサッカーまで幅広く取り扱っています。

そして、10BETのサッカーのベット種類(賭け方)は1ゲームにつき100種類以上になることもあります。

そこでこのページでは、

  • 1×2
  • ゴール合計
  • 3ウェイハンディキャップ
  • ダブルチャンス

など、サッカーに関する賭け方について徹底解説していきます。

10BETのサッカーの賭け方の基本

まずは、それぞれの賭け方の説明の前に、「どのようにベットするのか」について簡単に説明していきます。

サッカーを選択する

まずはスポーツの分類から「サッカー」を選びましょう。

国やリーグを選択する

次に「国」や「リーグ」を選択します。

試合開催がないものは基本的に表示されません。

例えば投稿段階ではJ2リーグ・J3リーグの開催がないため、上の画像では「J1リーグのみ」が表示されています。

ベット種類を決め、ベットする

「1×2」「ゴール合計」などベット種類を決め、オッズをクリックします。

オッズをクリックすると、右側のベットスリップに反映されます。

ベット金額を入力する

次にベット金額を入力し、「ベットをする」をクリックします。

10BETの最小ベット金額は$0.1です。

最小ベットする場合は「+」「-」ではなく、手動で「0.1」と入力してください。

最大ベット金額はスポーツやリーグ、選択したオッズによって異なります。

以上で対象オッズへのベットは完了です。

サッカーの試合を観戦しながら楽しんでいきましょう。

10BETのサッカーのベット種類(マーケット)の解説

10BETのサッカーベッティングは「勝敗」以外にも

  • ゴール数のアンダー(以下)・オーバー(以上)
  • コーナーキック数

など様々なベット種類(マーケット)があります。

はじめに紹介したようにその数は100以上あり、中には分かりにくいものもありますが、これらを理解することでベッティングに面白みと深みが出てきます。

ここでは、特に知っておきたいベット種類の解説をしていきますので、この内容を元に、より深く・より楽しいサッカーベッティングをしていきましょう。

ゴール合計

10BETのサッカーベッティングの「ゴール合計」では、その試合全体での合計得点の「以上・以下」にベットすることができます。

具体例
  • アンダー2.5:0点~2点の場合勝ち・3点以上の場合は負け
  • オーバー2.5:0点~2点の場合負け・3点以上の場合は勝ち

この「ゴール合計」の項目は、「どちらのチームが」ではなく「どちらのチームも合わせた試合全体での合計得点」であることに注意しましょう。

アンダーオーバーフルタイム

アンダーオーバーフルタイムは、ゴール合計と似ていますが、アンダーオーバーの単位が「2.75」「3」など、ゴール合計と少し違うのがポイントです。

具体例
  • アンダー2.75:0点~2点の場合勝ち・3点ちょうどの場合賭け金の半分が返金・4点以上の場合負け
  • オーバー2.75:0点~2点の場合負け・3点ちょうどの場合賭け金の半分が返金・4点以上の場合勝ち
  • オーバー3:4点以上の場合勝ち・3点ちょうどの場合賭け金全額返金・2点以下の場合負け
  • アンダー3:4点以上の場合負け・3点ちょうどの場合賭け金全額返金・2点以下の場合勝ち

このベット方法は、先ほど紹介したゴール合計のような「0.5刻み」のベット方法よりも若干リスクが高くなります。

リスクが高くなる=配当も大きくなるということで、ゴール合計のオッズに納得できない時などに使うことができます。

ダブルチャンス

ダブルチャンスは、「ホームが勝つ・アウェイが勝つ・引き分ける」の3通りのうち、2通りを選択できるベット種類です。

  • 1またはX:ホームチームが勝利もしくは引き分けの場合勝ち
  • Xまたは2:引き分けもしくはアウェイチームが勝利の場合勝ち
  • 1または2:ホームチーム勝利もしくはアウェイチームが勝利の場合勝ち

3通りの組み合わせのうち2通りにベットできるので、的中率が高く、堅実運用が可能なマーケットとなっています。

3ウェイハンディキャップ

3ウェイハンディキャップは名前の通り「ハンディキャップ」を付けて予想するタイプのベット種類です。

具体例
  • 横浜マリノス(2)にベットした場合
    例えば試合が「マリノス0点・セレッソ1点」だったとしましょう。
    しかし、2点のハンディキャップがあるため「マリノス0+2=2点・セレッソ1点」となります。
    そのため試合結果が「0対1」だとしても、ハンディキャップを付けるとマリノスが勝ちになるため、このベットは勝ちになります。
  • セレッソ大阪(-3)にベットした場合
    例えば試合が「マリノス0点・セレッソ1点」だったとしましょう。
    セレッソに-3点のハンディキャップがあるため、「マリノス0点・セレッソ1-3=-2点」でマリノスが勝ちになります。
    そのため、このベットは負けになります。

ハンディキャップを付けることによって、試合結果が負けになったり勝ちになったりします。

応援しているチームに勝手にハンディキャップを付けて「勝つ」と予想することができるため、熱意のあるサポーターから人気のベット種類です。

正確な得点結果

「正確な得点結果」は、その試合の点数をズバッと予想するベット種類です。

アンダーオーバーと違って幅がなく、ドンズバで的中させなければいけないので的中率は低いですが、それだけオッズも高くなっています。

オッズが高い=少額ベットでも大きな配当が見込めるということです。

ゴール合計やアンダーオーバーフルタイムと併せて使うのがオススメです。

10BETのサッカーをデータ予想しよう

ここまで

  • 10BETのサッカーの賭け方
  • 10BETのサッカーの代表的なベット種類

の2つについて紹介してきましたが、10BETを使う時に活用したいのが「データ」です。

統計マークをクリック

10BETではほぼすべての試合で「統計データ」を見ることができます。

まず、オッズ右側に小さく表示されている統計マークをクリックしましょう。

過去の対戦成績などを確認する

そうすると、過去の対戦成績などの統計データが表示されます。

アンダーオーバーを確認する

この統計画面では、

  • 全試合
  • ホーム試合
  • アウェイ試合

のアンダーオーバーも確認することができます。

上の画像は、

  • ホームでの試合
  • フルタイム
  • アンダーオーバー1.5

でソートした結果ですが、これを見ると、マリノスはホームの試合で1.5点以上得点する確率が非常に高いことが分かります。

このように10BETではデータ予想もすることができますので、活用しながら予想の精度を高めていきましょう。

さいごに

さいごになりましたが、10BETはブックメーカーだけでなく、ライブカジノやスロットも遊べるオンラインカジノです。

そして、10BETからカジノで使える30ドル入金不要ボーナスを、当サイト限定でいただくことができました。

これから10BETに登録する方は、この30ドルボーナスも使ってカジノゲームも楽しんでみてくださいね。

登録だけでもらえる!10BETの30ドル入金不要ボーナス

2018.11.20